厨がよく行う犯罪行為の例

合宿所の報告事例でよく見られる犯罪を列挙してみました。
警察に相談する際の参考にして下さい。ここに揚げたものが全てではありません。
こんなことをされたら警察に通報・相談しましょう。


「ストーカー行為等の規制等に関する法律」

ストーカーは犯罪です。

罰則
6カ月以下の懲役又は50万円以下の罰金(親告罪)
警察などの警告や命令に従わず、さらにストーキングを重ねると、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金
親告罪なので告訴がなければ検挙・起訴できません。

ストーカーの定義

第1項
法律で言う「つきまとい等」とは、合宿所で言うと、
特定の者に対する恋愛感情(汚ピンク含む)・なりきり・認定、又は
それが満たされなかったことに対する逆恨みの感情を充足する目的で、
被害者本人や、被害者と親しい人々
(家族:配偶者、直系若しくは同居の親族、その他:友人、知人、同僚など)に対し、
次に掲げる行為のどれかひとつでもすれば、当て嵌まります。

1 つきまとい、待ち伏せし、進路に立ちふさがり、
  住居、勤務先、学校、その他その通常所在する場所の付近で、
  見張りをし又は、住居等に押し掛けること。
2 その行動を監視していると思わせるような事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。
  (知らせる手段は、メール、手紙など、口頭に限らない。
  「俺はいつでもオマエを見てるぜ(暗黒微笑)」とかは勿論、これに該当する。)
3 面会、交際その他の義務のないことを行うことを要求すること。
  (その他の要求の例:コスしろ・なりきれ・物を寄越せetc)
4 著しく粗野又は乱暴な言動をすること。
  (夜中に押しかけてきて、ドア蹴ったり騒いだりはここに抵触する。)

上記1〜4までは、「身体の安全、住居等の平穏若しくは名誉が害され、
又は行動の自由が著しく害される不安を覚えさせるような方法」で行われる場合に限る。
(要するに、被害者が非常に恐怖心を感じるような常軌を逸した行為に限る)

5 無言電話、又は拒まれたにもかかわらず、連続して、電話をかけ
  若しくはファクシミリ装置を用いて送信すること。
  (メールでも対処してもらえる。)
6 汚物、動物の死体、その他の著しく不快、又は嫌悪の情を催させるような物を送付し、
  又はその知り得る状態に置くこと。
  (その他の例:血糊レター・わけわからんコス衣装とかグッズ・食物・デムパポエム・同人誌etc)
  (郵送に限らず、第三者への託け、玄関放置、目に触れるようによく通る場所に置くなども含む)
7 その名誉を害する事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。
  (「コイツ俺に惚れてメロメロで〜云々」などあることないこと言い触れ回る・被害者の関係者の前で被害者をキャラ名で呼ぶetc)
8 その性的羞恥心を害する事項を告げ、若しくはその知り得る状態に置き、
  又はその性的羞恥心を害する文書、図画その他の物を送付し、若しくはその知り得る状態に置くこと。
  (汚ピンクトーク、汚ピンク手紙/同人誌/イラストなどを送りつける/見せるなど)

上記5〜8は程度によらず「ストーカー行為」に該当する。

第2項
この法律で「ストーカー行為」とは、同一の者に対し、つきまとい等を繰り返すことをいう。

ストーカーの禁止命令

1.警察署長名による「警告」
2.警告に従わないときは公安による「命令」
※緊急の場合は警察署長名で「仮の命令」を出してストーカー行為を禁止できます。
警察署に書式がありますが、申請などはなるべく弁護士を通して下さい。
ストーカーはどんなことでも被害者の反応を喜びます。

第4条(警告)
1 警視総監若しくは道府県警察本部長又は警察署長は、
  ストーカー被害に関する警告を求める申出を受けたら、
  申出通りにこの法律に抵触する行為(ストーカー行為)があり、かつ、
  ストーカーが更に繰り返しストーカー行為をするおそれがあるときは、
  ストーカーに対し、国家公安委員会規則の規定に従って、
  更に反復してストーカー行為をしてはならない旨を警告することができる。

第5条(禁止命令等) 第1項 公安委員会は、警告を受けたストーカーが警告に従わずに警告された行為を繰り返した場合、
    更に繰り返しストーカー行為をするおそれがあるときは、そのストーカーに対し、次に掲げる事項を命ずることができる。
1 更に反復して当該行為をしてはならないこと。
2 更に反復して当該行為が行われることを防止するために必要な事項
第2項 公安委員会は、前項の規定による命令をしようとするときは、意見陳述の聴聞を行わなければならない。
   (「ストーカー行為禁止の命令」には聴聞手続が必要。緊急の場合は第6条の「仮の命令」)

第6条(仮の命令)
1 警察本部長等は、ストーカー被害に関する警告を求める申出を受けた場合で、第2条第1項第1号に掲げる行為があり、
  かつ、ストーカーが更に繰り返しストーカー行為をするおそれがあり、被害者の身体の安全等を守る為、
  緊急のときは、聴聞手続を飛ばして、ストーカー行為の禁止を命ずることができる。
2 (省略)
3 仮の命令の効力は、仮の命令をした日から起算して15日とする。


「刑法」

(信書開封)

1年以下の懲役又は20万円以下の罰金
正当な理由がないのに、封をしてある手紙を勝手に開けるの禁止(親告罪)

(住居侵入等)

3年以下の懲役又は10万円以下の罰金
侵入だけでなく、未遂や「出て行け」と言われて出て行かなかった場合も処罰
建物内部だけでなく、庭なども含む。
「部屋に入ってないんだからいいじゃん!」というのは通用しません。

(脅   迫)

2年以下の懲役又は30万円以下の罰金(未遂も処罰)
生命、身体、自由、名誉又は財産に危害を加えると伝えて脅すの禁止。

(強   要)

3年以下の懲役(未遂も処罰)
上記同様の脅し方で義務のないことをさせたり、権利を行使させないの禁止
(例:「コスプレしなければ(刃物で)刺す」「このことは誰にも言うな/通報するな」etc)

(恐   喝)

10年以下の懲役 (未遂も処罰)

(威力業務妨害)

3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
威力(例:入口に立ち塞がる・大声でわめく等)を用いて人の業務を妨害するの禁止

(窃   盗)

10年以下の懲役
万引き・住居侵入盗・引ったくりなどがありがち(未遂も処罰)

(事後強盗)

泥棒した後、取り返されないように/逮捕されないように、被害者に暴力/脅迫をしたら強盗として扱う。

(強   盗)

5年以上の有期懲役(未遂も処罰)

(強盗予備)

強盗の用意をしたら2年以下の懲役

(盗品譲受け等)

盗品をタダで受取ったら3年以下の懲役
盗品を運搬/保管/購入したら10年以下の懲役又は10万円以下の罰金

(凶器準備集合及び結集)

人の命や体や財産に危害を加える目的で、凶器を用意して2人以上集まるの禁止
首謀者:3年以下の懲役
便乗厨:2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

(器物損壊等)

3年以下の懲役又は30万円以下の罰金、もしくは科料
他人の物を壊したり、ペットを傷害するの禁止(親告罪)

(暴   行)

2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料
人に危害を加えて、その人が怪我をしない場合の処罰規定
例:水などを掛ける、唾を吐きかける、耳元で拡声器をつかって怒鳴るetc

(傷   害)

15年以下の懲役又は50万円以下の罰金
懲役か罰金かは怪我の程度による。暴行の3番目の例で鼓膜を損傷したらこっち。

(殺人予備)

人を殺す準備をしたら2年以下の懲役

(逮捕及び監禁)

不法に人を逮捕したり監禁するの禁止。未遂も処罰
3カ月以上7年以下の懲役。これで人を死傷させたら普通の傷害罪より重い刑
(厨が手錠・縄・スタンガンなどを周到に用意した事例も)

(未成年者略取及び誘拐)

3月以上7年以下の懲役。未遂も処罰
営利又は生命若しくは身体に対する加害の目的による場合を除き、親告罪

(営利目的等略取及び誘拐)

1年以上10年以下の懲役。 営利、わいせつ、結婚又は生命若しくは身体に対する加害の目的で人をさらうの禁止
営利又は生命若しくは身体に対する加害の目的による場合を除き、親告罪
(手錠・縄・スタンガンなどを用意し、被害者の身辺をうろつく→未遂・準備も処罰対象

(強制わいせつ)

6カ月以上10年以下の懲役、未遂も処罰(親告罪)
※汚ピンク厨が女性でも、被害者が男性でも、同性同士でも、汚ピンクは処罰の対象になります。

(強   姦)

3年以上の有期懲役、未遂も処罰(親告罪)


被害に遭ったら

押しかけ対策フローチャート
http://chutaisan.hp.infoseek.co.jp/  

刑事裁判

厨を犯罪者として裁いてもらう「刑事裁判」に費用は掛かりません。
被告人(厨)側は弁護士を雇ったりすると費用がかかりますが、
被害者側には原則的に費用の負担はありません。
「裁判の傍聴に行く交通費」など雑費は発生するかもしれません。

検察庁 刑事局 犯罪被害者の方々へ(裁判の流れなど)
http://www.moj.go.jp/KEIJI/keiji11.html

親告罪

※親告罪…告訴がないと検挙・起訴できない種類の犯罪
 犯罪の事実がないのに嘘の告訴をすると処罰されます。

未成年厨

※厨が未成年者の場合は、通常、家庭裁判所で審判を行い、少年院送致や保護観察などの処分が為されます。
「未成年だが、重大な犯罪を犯し、非行の程度が重い」と判断された場合は、地方裁判所に送致され、
 大人と同じ裁判を受けることになります。
 厨が18歳未満でスタンガンやボウガン、エアガンなど条例で購入・所持に年齢制限があるものを所持していた場合は、
 都道府県などの条例に違反している可能性もあります。

 民事の損害賠償は親に請求することになります。
 未成年厨がバイトなど仕事中に被害者に犯罪など不法行為で危害を加えた場合は、雇用者にも請求できる場合があります。
 詳しくは、弁護士事務所などで個別にご相談なさることをお勧めします。

民事裁判

厨に損害賠償を求める裁判「民事裁判」の費用は一旦、原告(被害者側)が費用を負担します。
厨が仕事中に犯罪など不法行為で被害者に危害を加えた場合は、雇用者にも請求できる場合があります。
(例:店に行ったら厨店員に絡まれた上、店の業務で知り得る個人情報=会員証から住所氏名年齢など=を漏洩された)
訴状の中に「訴訟費用・弁護士費用は被告(厨側)が支払うこと」と書いておけば、戻ってくる場合があります。
弁護士費用は先払い・一括払いだけではなく、法律事務所によっては分割払いや後払いにすることもできます。
弁護士事務所で個別にご相談なさることをお勧めします。

法律相談・検索リンク

各項目は抜粋です。詳細は検索または、弁護士に相談して下さい。
法テラス(無料相談)
http://www.houterasu.or.jp/

法令データ提供システム(検索)
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi

裁判所(裁判手続などの案内)
http://www.courts.go.jp/

警察庁犯罪被害者対策室(全国・相談全般)
http://www.npa.go.jp/higaisya/home.htm

被害者支援員にご相談下さい。
>被害者支援員は、被害者の方々からの様々な相談への対応、
>法廷への案内・付添い、事件記録の閲覧、
>証拠品の返還などの各種手続の手助けするほか、
>被害者の方の状況に応じて精神面、生活面、経済面等の
>支援を行っている関係機関や団体等を紹介するなどの支援活動を行います。

犯罪被害者ホットライン(警視庁・相談全般)
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/soudan/hanzai/hanzai1.htm

民間被害者支援団体
http://www.npa.go.jp/higaisya/home.htm

○ 病院や裁判所等への付添い
○ 電話相談、面接相談 などをしてもらえます。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-09-14 (金) 20:39:04 (3479d)